2018年一般入試の結果を踏まえて、
関西難関8私大の序列をまとめたいと思います。

結論から早速出すと、

※文系

同志社>関学・立命館>関大>近大>甲南・龍谷≧京産

※理系

同志社>立命館≧関学>関大>近大>甲南・京産>龍谷

スポンサーリンク

総評

同志社が今年も志願者数を増やし、
さらに関関同立の中で頭一つ抜けていて
今年さらに難易度が上がっています。

文系学部は学部にもよるけど、
関学と立命館はほぼ互角。

理系学部はやや立命館の方が上になっている感じ。

近大は5年連続志願者数NO.1で関西のみならず
東海・九州・北陸・中国・四国から受験者を集めているので、
産近甲龍の中では文系・理系ともに一つ抜けた印象です。

関大との差は多少縮まったとは言え、
やはりまだ関関同立と近大の間には壁がある感じですね。

京産が2年連続でかなり志願者数を増やしており、
難易度がかなり上がっていると予想。

理系は完全に龍谷より難しく、甲南と互角。

文系学部は甲南・龍谷より若干落ちるかなというぐらいで
差はあまりないと思われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク