大阪大学(阪大)合格者数高校別ランキング2017

1位から10位まで関西各県のトップ校が上位を占め、
公立トップ校が8校、私立トップ校が2校占めた。
私立では2年連続洛南と清風南海がランクイン。

京大と比較すると圧倒的に阪大は公立が優位。

  1. 北野(大阪)81名
  2. 茨木(大阪)54名
  3. 膳所(滋賀)50名
  4. 奈良(奈良)50名
  5. 長田(兵庫)48名
  6. 天王寺(大阪)45名
  7. 三国丘(大阪)44名
  8. 清風南海(大阪)38名
  9. 神戸(兵庫)35名
  10. 洛南(京都)33名
  11. 高津(大阪)33名
  12. 生野(大阪)29名
  13. 豊中(大阪)28名
  14. 金沢泉丘(石川)27名
  15. 大阪桐蔭、高槻、大手前(大阪)ほか26名

出典

サンデー毎日2017/3/26号

スポンサーリンク

総評

灘・甲陽・大阪星光・東大寺・西大和等中高一貫私立は
東大・京大・医学部メインで受験する為、阪大の合格者数ランキングには登場しない。

阪大は北野・茨木・天王寺・神戸・長田・奈良・膳所など
各県の公立トップ校がズラリと上位に並んでおり、
阪大・神大以上の大学に行きたいなら中学受験で6か年に入らなくても、
公立上位高校からの3か年で十分である。

今年から阪大は後期入試を廃止した影響で阪大受験層が同志社・関学まで受験するようになり、
関関同立の難易度が上がるという現象が起きた。

関西以外の地方からは金沢泉丘高校が14位にランクインしており、
健闘している。

スポンサーリンク

※2016年大阪大学(阪大)合格者数高校別ランキング

阪大は北野・茨木・大手前・天王寺・奈良の公立トップ校が非常に強い。
その中で、旧2番手校の豊中高校の躍進が目立つ。

灘や東大寺や甲陽学院など私立最難関校は東大・京大・医学部合格者が多く、
阪大に上位でランクインすることはほとんどない。
私立では清風南海と洛南が10位以内にランクインしている。

()は現役

  1. 茨木(大阪) 67名(34)
  2. 奈良(奈良) 59名(40)
  3. 北野(大阪) 55名(36)
  4. 天王寺(大阪) 54名(32)
  5. 大手前(大阪) 47名(30)
  6. 清風南海(大阪) 47名(36)
  7. 洛南(京都) 44名(28)
  8. 四天王寺(大阪) 41名(22)
  9. 豊中(大阪) 39名(22)
  10. 膳所(滋賀) 37名(18)

出典 サンデー毎日2016/4/10号

スポンサーリンク

スポンサーリンク