同志社大学合格者数高校別ランキング2018&2017

※2018年

  • 1位 大阪桐蔭(大阪) 162名
  • 2位 膳所(滋賀) 161名
  • 3位 天王寺(大阪) 151名
  • 4位 畝傍(奈良) 147名
  • 5位 北野(大阪) 142名
  • 6位 豊中(大阪) 140名
  • 7位 三国丘(大阪) 136名
  • 8位 奈良(奈良) 135名
  • 9位 茨木(大阪) 134名
  • 10位  洛南(京都) 121名
  • 11位   四条畷(大阪) 116名
  • 12位   清風(大阪) 115名
  • 13位   大手前(大阪) 114名
  • 14位 明星(大阪) 111名
  • 15位 春日丘(大阪) 106名

出典 サンデー毎日2018/3/11号より一部引用

総評

今年の同志社は一般入試で48367人中13350人が合格。
競争率は3.6倍。

関関同立の中でも同志社のランキング上位校の高校のレベルは極めて高く、
大阪・奈良・滋賀のトップ公立校が軒並みランクイン。

関西圏以外の高校でも17位に岐阜高校、20位に刈谷高校など
東海エリアの高校がランクインしている。

同志社は阪大後期入試廃止の影響で昨年から志願者数が増加しており、
今年は定員厳格化の影響もあり、かなり難しい試験となっている。

関関同立の中では同志社が完全に頭一つ抜けており、
関関立との差は大きい。

スポンサーリンク

※2017年

昨年に引き続き大阪桐蔭が首位。

数年前まで1位を独走していた洛南は16位へ。

膳所・奈良・北野など関西のトップ公立高校が
上位を独占。

1位 大阪桐蔭(大阪) 196名

2位 膳所(滋賀) 180名

3位 奈良(奈良) 168名

4位 茨木(大阪) 163名

5位 三国丘(大阪) 140名

6位 四条畷(大阪) 131名

7位 北野(大阪) 124名

8位 清風(大阪) 116名

9位 高津(大阪) 114名

9位 畝傍(奈良) 114名

11位 大手前(大阪) 109名

12位 長田(兵庫) 108名

13位 清教学園(大阪) 104名

13位 郡山(奈良) 104名

15位 嵯峨野(京都) 100名

16位 洛南(京都) 98名

17位 豊中(大阪) 94名

18位 神戸(兵庫) 92名

18位 須磨学園(兵庫) 92名

20位 明星(大阪) 91名

出典

サンデー毎日2017/3/19号

総評

関学・関大は公立高校が上位20傑のほとんどを占めていたが、
同志社は大阪桐蔭・清風・清教学園・明星・洛南・須磨学園など
私立進学校が6校ランクイン。

関大・関学よりもワンランク上のトップ進学校が名を連ねており、
京大・阪大・神大等国公立志望の受験生も
同志社のみ受験しているケースが多いことがわかる。

今年志願者数が大幅に増え、例年よりも難易度が上がり、
さらに定員の1割以上取れなくなっていることから
合格者は絞られた。

来年以降もこの傾向は続くと思われ、同志社は関関同立の中でも
頭一つ抜けて難しくなる可能性が高い。

受験生は気を引き締めて受験勉強に取り組みたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク