近大は選択科目間のみ中央値方式で得点調整があります。
関大や関学と違って、近大は英語・国語は得点調整されないのと、
選択科目の配点が100点で他科目と同じということもあり、
公表されている合格最低点より15点も上回ればまず合格と言えると思います。

中央値方式による得点調整後の得点の計算方法は、
(素点-中央点)÷ (満点-中央点)× 満点の半分 + 満点の半分

スポンサーリンク

日本史Bが仮にあなたの点数が80/100点、中央値が60点だとすると、

(80-60)÷(100-60)×50+50=75点

得点調整によって80点が75点となります。
5点しか下がっていないんですね。

同じく世界史Bの点数が70点で中央値が50点とすると、
(70-50)÷(100-50)×50+50=70

この場合1点も下がりません。

近大の文系数学の場合は年度によって、難しい場合があり、
中央値が40点であなたの得点が70/100点とすると、

(70-40)÷(100-40)×50+50=75点

得点調整によって、70点が75点となり、
5点上がる計算になります。

例に出すと、近大の経済学部のスタンダード方式の昨年の最低点が
185/300であることから、選択科目にもよるけど、200点取れればまず合格と
思っておいて問題ないでしょう。

近大はスタンダード入試の場合3教科すべて100点の配点なので
1教科こけても、他でカバーできるんで決してあきらめずに入試に挑んでください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク