関関同立W合格進学先

※同志社大学VS関西学院大学

●法学部

◎同志社法100% 関学法0%

●経済学部

◎同志社経済89% 関学経済11%

●文学部

◎同志社文95% 関学5%

※同志社大学VS立命館大学

●法学部

◎同志社100% 立命館0%

●経済学部

◎同志社99% 立命館1%

●文学部

◎同志社96% 立命館4%

スポンサーリンク

※関西学院大学VS立命館大学

●法学部

◎関学法78% 立命法22%

●経済学部

◎関学経済71% 立命経済29%

●文学部

◎関学文57% 立命文43%

※立命館大学VS関西大学

●法学部

◎立命館法91% 関大法9%

●経済学部

◎立命経済72% 関大経済28%

●文学部

◎立命文83% 関大文17%

※関西学院大学VS関西大学

●法学部

◎関学法95% 関大法5%

●経済学部

◎関学経済93% 関大経済7%

●文学部

◎関学文91% 関大文9%

出典 サンデー毎日2014年7月20日号

総評

2014年のデータであるので、最新のW合格進学先は多少変動があるが、
上記のデータで見る限り、関関同立は
同志社>>関学≧立命館>>関大の順で進学することが分かる。

唯一関学と立命館でどっちに進学するか迷うケースがあり、
2014年時点では関学と立命館の場合関学が選ばれている。

ただし、立命館が大阪茨木にキャンパスを設置するなど
交通のアクセスが良くなったので、2016年のデータでは
関学6、立命4ぐらいの割合に均衡しているのではないかと予想される。

関西ではまだ関学の方が評判が良く、就職実績においても関西基盤の企業では
関学が優先的に採用されているが、全国的知名度においては立命館の圧勝であるので、
関西以外の地域の受験生は立命館を選ぶ生徒が多い。

いずれにせよ関西NO.1の私学は同志社であり、知名度も圧倒的で、
同志社に進学するに越したことはない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク