関西私立大学難易度最新ランキング

※2017年2月更新版

S 同志社大学

H 関西学院大学 立命館大学

A 関西大学

B 近畿大学 甲南大学 龍谷大学

C+ 京都産業大学 関西外国語大学 京都女子大学 同志社女子大学

C 京都外国語大学 武庫川女子大学 大阪工業大学 佛教大学  

神戸女学院大学 大阪経済大学 

D 摂南大学 桃山学院大学  神戸学院大学 追手門学院大学

E 阪南大学 大阪産業大学 大阪商業大学、大阪経済法科大学

帝塚山大学他多数

スポンサーリンク

総評

現在関西私大では同志社がやや頭一つ抜けており、
続いて関学・立命が同難易度、関大がワンランク下がって、
その下に近大・甲南・龍谷が来る。

就職を考えると、全国規模の一流企業に入るには
Aランクの関西大学までに入っておきたいのが現状。

ただし、民放キー局など超一流企業になると
同志社・関学・立命館以上しか近年ほとんど採用されていないので、
同関立と関大でやや差がある。

BランクやC+ランクでも優秀な学生は
全国規模の一流企業の内定を得ることができるが、
学歴フィルターにより、書類選考ではねられるケースもある。

関西基盤の大手有名企業の場合は、Bランク、C+ランクでも十分入社可能。

Cランクでも入社のチャンスはある。

有名企業の就職を考えると、最低でもCランク、
出来ればC+ランク以上の大学に入るのが望ましい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク